イタリア自動車雑貨店

今月のイタリア自動車雑貨店 新商品入荷情報

PART 1:3月31日〜4月15日2020/3/31 UPDATE!!

Yahooショッピングをご利用の方はこちらのリンクからご購入下さい

新商品 NOVITA!!

  • 1/4 FIAT Trepiunoモックアップモデル
  • 1/4 FIAT Trepiunoモックアップモデル
  • 1/4 FIAT Trepiunoモックアップモデル
  • 1/4 FIAT Trepiunoモックアップモデル
  • 1/4 FIAT Trepiunoモックアップモデル
  • 1/4 FIAT Trepiunoモックアップモデル

■ 門外不出のデザインモデル

2004年の第74回ジュネーヴ・モーターショーで初めてデザインが公開された『フィアット・トレピウーノ FIAT Trepiuno』は、2007年に発表された新型フィアット500(チンクエチェント)の基となったコンセプトカーです。同コンセプトカーのオリジナルである2代目FIAT500こと、Nuova500(ヌオーバ・チンクエチェント)に似たレトロな愛らしさを体現したプロトタイプ。

トレピウーノ (Trepiuno)とはイタリア語で3足す1(3+1)。ほとんど2シーターの狭い車内において、助手席スペースをコンパクト化し、後部座席を設けられるレベルに助手席を前進させて3席目を確保。運転席の後ろは補助席のような小さめな席が1席。3席+1席、それがトレピウーノとなったわけです。こちらはそのデザイン過程で生まれた1/4サイズのモックアップモデル。某自動車博物館に展示されていました。
全長870mm、重量31.5kgの圧巻のサイズ。どこへ飾るかはあなた次第です!!

  • Ferrari Cavallino仕様書額装
  • Ferrari Cavallino仕様書額装
  • Ferrari Cavallino仕様書額装
  • Ferrari Cavallino仕様書額装
  • Ferrari Cavallino仕様書額装
  • Ferrari Cavallino仕様書額装

■ 跳ね馬の勇姿に秘められ謎

Ferrariを象徴するものといえば、もちろんあの躍動感あふれる黒い跳ね馬です。撃墜王フランチェスコ・バラッカの機体を飾ったシンボルがEnzoに贈られたのは1923年のこと。現代に受け継がれるFerrari跳ね馬物語、その幕開けの時です。

その後Enzoは自らのレーシングティーム、Scuderia Ferrariを設立。ティームロゴとしてこの跳ね馬をモチーフにしたエンブレムが誕生。その後の活躍はもう説明の必要はありませんね。

中央に描かれた黒い跳ね馬、もうおなじみの姿です。そこに書き加えられた図形、数値。これこそが大切なポイントです。創生期から現代にいたるまで、微妙にその姿に変化の見られる跳ね馬ですが、しかしいつの時代も変わらないあの躍動感。ひたすら頂点を目指し駆け登る姿の秘密がここに記されています。

現代でいうところの、いわゆるCIロゴ仕様書とよぶべきもので、Ferrariの象徴たる跳ね馬の表示に関する指示書です。他のなにものでもないあの姿は、ここに記された58度という角度が生み出しています。もちろんその指示はEnzo Ferrariによるものです。

今回ご紹介するのは跳ね馬誕生当時、Enzoが記した仕様書のリプリント版をイタリアで額装したものです。Ferrariの歴史と共に生き続ける伝説の跳ね馬、その原点ともいうべき逸品、Ferrariを愛する皆さんの心に沁みる一枚となるはずです。

  • Enzo Ferrari フォト
  • Enzo Ferrari フォト
  • Enzo Ferrari フォト
  • Enzo Ferrari フォト
  • Enzo Ferrari フォト
  • Enzo Ferrari フォト

■ コメンダトーレの素顔

19世紀終盤に誕生した自動車。その100年を超える歴史に大きくその名を刻む一人の男、Enzo Ferrari。孤高のカリスマと呼ばれ、周囲のごく一部の関係者にしか心を許さなかったと言われています。彼がサングラス越しに見つめたものはいったい何だったのでしょうか。

今回ご紹介するのは、そのEnzo Ferrariを撮影した一枚の写真です。よく見る写真はサングラスによって目元が見えないものが多いですが、こちらは瞳がサングラス越しに写った珍しい一枚。

自らの名を冠した自動車でレースに勝つ。ただそれだけに全てを注ぎ込み苦悩してきた彼が見せた一瞬の微笑む姿に、Enzo Ferrariの優しさが垣間見れます。

ガレージやお部屋のインテリア、コレクションとしてマニア必見です。

  • 1/24 Lancia Delta HF integrale 16V 1989年Sanremoミニチュアモデル
  • 1/24 Lancia Delta HF integrale 16V 1989年Sanremoミニチュアモデル
  • 1/24 Lancia Delta HF integrale 16V 1989年Sanremoミニチュアモデル
  • 1/24 Lancia Delta HF integrale 16V 1989年Sanremoミニチュアモデル
  • 1/24 Lancia Delta HF integrale 16V 1989年Sanremoミニチュアモデル
  • 1/24 Lancia Delta HF integrale 16V 1989年Sanremoミニチュアモデル

■ サンレモを駆け抜けた赤いマシン

DELTAのミニチュアモデルといえば、そのほとんどが1/43スケール。しかしこちらは、細部までたっぷり楽しめる1/24スケール。さらに心をくすぐるのはHF integrale 16V ! となれば1989年...そうです通称、赤マルティニ。サンレモで見事勝利をおさめた、ビアジオン駆るあのマシンです。ターマック仕様のホイールのディティールまでしっかり再現されています。数あるDeltaシリーズの中でもマニア度高し! といったらこの一台です。

こちらはブックレットとともにWRCオフィシャルの Collectionシリーズとしてリリースされていたもので、今回ご紹介するのはそのミニチュアモデル本体のみの開封済みとなります。

このスケールとディテール。ずっと眺めてられる、ニヤニヤが止まらない一台です。

  • FIAT純正500ネオプレーンストリングバッグ
  • FIAT純正500ネオプレーンストリングバッグ
  • FIAT純正500ネオプレーンストリングバッグ
  • FIAT純正500ネオプレーンストリングバッグ
  • FIAT純正500ネオプレーンストリングバッグ
  • FIAT純正500ネオプレーンストリングバッグ

■ デザイン、機能美はFIATそのもの

赤、白、色、緑の500、500ロゴ、信号機にトリノの象徴モーレ ・ アントネッリアーナ塔...。かわいいイラストがプリントされたFIAT純正ストリングバッグです。
こちらのバッグ、柔軟性・伸縮性・撥水性の特徴を持つ軽量のネオプレーン素材でできており、サイドの紐を引っ張るとリュックにもなり、日常使用のバッグとしての機能が抜群!
スタッフ一押しの一品です。

再入荷

Independente e differente
BACK TO TOP