イタリア自動車雑貨店

今月のイタリア自動車雑貨店 新商品入荷情報

PART 2:11月15日〜11月30日2018/11/15 UPDATE!!

Yahooショッピングをご利用の方はこちらのリンクからご購入下さい

新商品 NOVITA!!

  • Ferrari 166 Panoramica Zagatoレジン製モデル(Giornale)
  • Ferrari 166 Panoramica Zagatoレジン製モデル(Giornale)
  • Ferrari 166 Panoramica Zagatoレジン製モデル(Giornale)
  • Ferrari 166 Panoramica Zagatoレジン製モデル(Giornale)
  • Ferrari 166 Panoramica Zagatoレジン製モデル(Giornale)
  • Ferrari 166 Panoramica Zagatoレジン製モデル(Giornale)

■ 美しさの極み

 まずはとにかく、じっくりとご覧ください。いかがです、この姿。全長300mm超、1/12スケール相当の堂々とした風格はまさに歴史の重みです。ずっしりとした重み、なんとも言えぬ味わい深さをみせるのはFerrari 166 Panoramica Zagatoです。

 レジンにより一体成型されたこちらは、いわゆるミニチュアモデルの枠を超え、まるで彫刻品を思わせるもの。イタリアでハンドメイドされたもので、初期Ferrariの中でもレア度高し!な1台、Zagatoボディをまとった166 Panoramicaが再現されています。

 今回登場は、レジンボディ外装にGIORNALE(新聞)をコラージュしたアート仕上げタイプ。ZAGATOボディが持つクラシカルなフォルムをイタリアの新聞で包み込むことにより新たな魅力を放つオブジェへと変貌を遂げています。現代のテクノロジーではけっして生み出すことのできない温もり、味わいをこれほどまでに深く感じさせてくれるモデル、まさに芸術品といっても過言ではありません。

  • Ferrari純正488PISTA SPIDER/SP1&SP2メディアブック
  • Ferrari純正488PISTA SPIDER/SP1&SP2メディアブック
  • Ferrari純正488PISTA SPIDER/SP1&SP2メディアブック
  • Ferrari純正488PISTA SPIDER/SP1&SP2メディアブック
  • Ferrari純正488PISTA SPIDER/SP1&SP2メディアブック
  • Ferrari純正488PISTA SPIDER/SP1&SP2メディアブック

■ マラネッロ、怒涛のラッシュ

 2018年9月、マラネッロの門を飛び出したセンセーショナルな2台のモデル。その名はFerrari MONZA SP1/SP2。古くは166 MM、そして750、850MONZAといった往年のFerrariレーシングモデルを彷彿させるバルケッタボディはウィンドスクリーンすら省かれたスパルタンなもの。

 フルカーボンファイバー製のボディは、そのネーミングから想起される通りSP1はシングルシーター、SP2は2座というものです。どちらもそのフロントカウル下には伝統のV12気筒ユニットを搭載。6.5リッターユニットは810馬力を発生します。

 そして翌10月にはもう1台の跳ね馬がペブルビーチに降臨します。488 Spider Pistaはこの3月に登場した488 Pista同様、Ferrari V8史上最強の720馬力を誇るもの。360 Challenge Stradale、430 Scuderia、458 Specialeと続くV8スペチアーレシリーズの最新作です。

 こちらは上記3モデルデビューに際しリリースされたメディアブックです。それぞれのモデル詳細が収録されたもので小振りなノートながらその内容は最新のスペシャルFerrariにふさわしい濃密なもの。マニア必見!のアイテムです。

  • MASERATI Quattroporte 3(4.9litre/US)カタログ
  • MASERATI Quattroporte 3(4.9litre/US)カタログ
  • MASERATI Quattroporte 3(4.9litre/US)カタログ
  • MASERATI Quattroporte 3(4.9litre/US)カタログ
  • MASERATI Quattroporte 3(4.9litre/US)カタログ
  • MASERATI Quattroporte 3(4.9litre/US)カタログ

■ エレガント、をカタチにしたら

 その名は4ドアを意味するQuattroporte、というごくシンプルなものながら、MASERATIが誇る伝統のフラグシップサルーンです。こちらはその第3世代、Quattroporte 3のカタログです。それまでのCITROEN時代に決別すべく、新たなるオーナー、アレッサンドロ・デ・トマゾの指揮により開発されたQuattroporte 3は、1976年発表、そして1979年リリース開始されました。

 ジウジアーロの手になるフォーマルなデザインを持つサルーン、こちらはその4.9リッターV8搭載ヴァージョンのカタログです。MASERATI、そしてQuattroporteのロゴが型押された表紙は、シンプルながら「らしさ」あふれるもの。もちろんページを開けばそこに広がるのはあの優雅なMASERATIワールドです。

 それほどページ数の多いものではありませんが、内外装を魅力的に見せるカラーフォトで構成され、また巻末には、併売されたMERAK SSも登場。当時のMASERATIの姿を30数年以上経た今に伝えてくれるカタログはMASERATIマニア必見!裏表紙の一部にごく僅かな折れ跡が見られる以外は非常にコンディションも良好、コレクター必携!!の1冊です。

  • MASERATI純正80周年Quattroporteカード
  • MASERATI純正80周年Quattroporteカード
  • MASERATI純正80周年Quattroporteカード
  • MASERATI純正80周年Quattroporteカード
  • MASERATI純正80周年Quattroporteカード
  • MASERATI純正80周年Quattroporteカード

■ トライデントの歴史を刻む

 1994年、MASERATIは創立80周年を迎えました。その長い道のりは絶えず時代の波にもまれ続けた、波乱に満ちた道のりでした。しかし、トライデントの誇りにかけて、いつの時代も輝きを失わなかったMASERATIが迎えた80周年は、彼らにとってどんな歴史だったのでしょうか。

 その創立80周年という節目の年に生まれたのがフラッグシップサルーン、Quattroporteの4代目モデルです。その際MASERATI自らの創立80周年とQuattroporte誕生メモリアルとして生まれたのがこのカードセットです。

 MASERATIの封筒に収められているのはQuattroporteの姿も美しいポストカード。そしてそこにはそれぞれ、MASERATIの創立80週年を記念したメモリアルスタンプが押されています。もちろんこれはイタリアの郵便局、Posteitalianeによるオフィシャルなもの。それから25年の時を経て、イタリアから到着した非常に珍しいメモラビアです。

  • Alfa Romeo S.Z.(ES30)カタログ-コンプリート版-
  • Alfa Romeo S.Z.(ES30)カタログ-コンプリート版-
  • Alfa Romeo S.Z.(ES30)カタログ-コンプリート版-
  • Alfa Romeo S.Z.(ES30)カタログ-コンプリート版-
  • Alfa Romeo S.Z.(ES30)カタログ-コンプリート版-
  • Alfa Romeo S.Z.(ES30)カタログ-コンプリート版-

■ モンスターの肖像

 E.S.30 SZ ー 1989年に登場した一台のAlfa Romeo。ひとめ見た瞬間に感じる強烈な個性は、それゆえに誰からも愛される、といった類のものではないかもしれません。それだけに一度ハマってしまったら決して抜け出すことのできない深い魅力をたたえています。

 1000台程という生産台数の少なさゆえ、クルマ同様、関連するアイテムの入手も困難を極めています。さてこちらはSZの心臓部にあたるV型6気筒ユニットはもちろんのこと、シャシー、内装、そしてFRPで構成された特徴的なボディワークに至るまで、静かな迫力に満ちたそのすべてがここに!という本国カタログです。

 しかも!ただのカタログじゃありません。クロス貼り装丁が施されたフォルダに収められているのは合計7点。本カタログの他、ボディ、インテリア、足回り、エンジンその他等魅惑のディテールをクローズアップしたリーフレットがセットになったコンプリート版は今や幻!の一品です。

 SZの魅力をより深く知る第1歩としてどうしてもはずすことのできないこちら、その登場から30年近くが経とうとしている今、数少ないS.Z.アイテムの中でもそのレア度はコレクターのみなさんならおわかりのはず。しかもコンディションも良好、とくれば絶対に見逃すわけにはいかないはず。ES30 S.Z.、モンスターの最初の一歩をぜひお手元に!

  • ZAGATO CAR CLUBフェルパ
  • ZAGATO CAR CLUBフェルパ
  • ZAGATO CAR CLUBフェルパ
  • ZAGATO CAR CLUBフェルパ
  • ZAGATO CAR CLUBフェルパ
  • ZAGATO CAR CLUBフェルパ

■ 個性を極める

 その強い個性ゆえに、一度はまったら二度と抜け出せないZAGATOの世界。そこに身を委ね、ZAGATOをとことん愛するものたちによるクラブ、ZAGATO CAR CLUB。Veneziaに程近いイタリア北東部の街Padovaを本拠地とする彼らが、クラブメンバー用に製作したアイテムをご紹介しましょう。

 こちらはジップアップフェルパです。濃紺をベースに、胸に大きくZAGATO Car CLUBロゴが刺繍で入っています。また両袖にはそれぞれクラブエンブレム、ZAGATO COSAワッペンを装備。シンプルなデザインながら、ZAGATOのロゴが醸し出す存在感はさすがです。襟元のイタリアントリコロールもさり気ないアクセントに。クラブメンバー向けの貴重なアイテム、ZAGATOファン必見です。

  • ABARTH純正595 YAMAHA FACTORY RACINGリアエンブレム
  • ABARTH純正595 YAMAHA FACTORY RACINGリアエンブレム
  • ABARTH純正595 YAMAHA FACTORY RACINGリアエンブレム
  • ABARTH純正595 YAMAHA FACTORY RACINGリアエンブレム
  • ABARTH純正595 YAMAHA FACTORY RACINGリアエンブレム
  • ABARTH純正595 YAMAHA FACTORY RACINGリアエンブレム

■ 熱いABARTHの完成です

 イタリアやスペインを中心にヨーロッパではF1に勝るとも劣らない人気を誇るモータースポーツが2輪の世界選手権シリーズです。その最高峰MOTO GPに参戦のYAMAHAワークスと夢のコラボレーションがはじまったのが2007年です。FIAT-YAMAHAのダブルネームを掲げ、ヴァレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ他、名だたるライダーと共に数々の栄光を刻んでいます。

 近年では、エントリー名こそFIAT-YAMAHAとなっていますが、カウルに掲げられているのはおなじみスコーピオンが中心に輝くABARTHの紋章。YAMAHAブルーとともにサーキットを駆け抜けています。そんな夢のコラボはサーキットだけにとどまらずストラダーレ(市販車)の世界にも登場です。

 2015年、その名もABARTH 595 YAMAHA FACTRY RACINGです。こちらはそのリアゲート用エンブレムです。わずか99台というごく僅かな限定モデルのために生まれた貴重なエンブレムです。

再入荷

Independente e differente
BACK TO TOP