イタリア自動車雑貨店

今月のイタリア自動車雑貨店 新商品入荷情報

PART 2:7月15日〜7月31日2019/7/15 UPDATE!!

イタリア自動車雑貨店セール

Yahooショッピングをご利用の方はこちらのリンクからご購入下さい

イタリア自動車雑貨店セール

新商品 NOVITA!!

  • Scuderia Ferrari 2005 M.シューマッハ&R.バリケッロ直筆サイン入り額装フォト
  • Scuderia Ferrari 2005 M.シューマッハ&R.バリケッロ直筆サイン入り額装フォト
  • Scuderia Ferrari 2005 M.シューマッハ&R.バリケッロ直筆サイン入り額装フォト
  • Scuderia Ferrari 2005 M.シューマッハ&R.バリケッロ直筆サイン入り額装フォト
  • Scuderia Ferrari 2005 M.シューマッハ&R.バリケッロ直筆サイン入り額装フォト
  • Scuderia Ferrari 2005 M.シューマッハ&R.バリケッロ直筆サイン入り額装フォト

■ 黄金時代の証

 1980年代から続く長い不振にあえいだScuderia Ferrariに1996年、救世主としてあらわれた一人の男。彼の功績はここで語るまでもありません。真赤なウェアを身にまとったシューマッハは、イタリアのみならず世界中のファンを熱狂させました。

 今回ご紹介するのはそんなスクーデリア黄金期を現代に伝える逸品です。過去、何度となくご紹介したシューマッハ直筆サインアイテムは、登場と同時に即完売! という超人気アイテムです。今回は、その黄金期を支えたもうひとりの男、R.バリケッロとの夢の競演。2005年イタリアG.P.での一瞬を切り取った迫力の写真です。

 高速サーキット、MONZAを端的にあらわす薄いウィング、F2005の特徴でもあるフロントのサブウィングも外されています。コーナーに飛び込む2台のFerrariとともに皇帝ミハエル・シューマッハ、そしてR.バリケッロによる直筆サインが記されています。完売必至!! お急ぎください!

  • Ferrari SF七宝エンブレム&ロゴ額装オブジェ
  • Ferrari SF七宝エンブレム&ロゴ額装オブジェ
  • Ferrari SF七宝エンブレム&ロゴ額装オブジェ
  • Ferrari SF七宝エンブレム&ロゴ額装オブジェ
  • Ferrari SF七宝エンブレム&ロゴ額装オブジェ
  • Ferrari SF七宝エンブレム&ロゴ額装オブジェ

■ マラネッロの誇りが込められた

 おなじみの跳ね馬を中央に置くFerrariエンブレムには2種類あることは皆さんご存知のことと思います。フロントノーズに装着される角型のもの、そしてF1をはじめ、ボディサイドに見ることができる、逆三角形のScuderia Ferrariエンブレムです。「レースこそすべて」そんなEnzoの情熱がより感じられるのは、やはりScuderia Ferrariエンブレムです。

 今回ご紹介するのは、そんな戦うFerrariの本質をじっくりとご堪能いただける逸品です。このなんとも味わい深い姿をみせるSFエンブレムは、もちろん実車のフェンダーに掲げられるそのもの。そこに同じく、実車のリアエンドに掲げられるアルミ製Ferrariロゴを配置。Rosso Ferrariの美しい額に装丁されたものです。

  • ルカ・モンテゼーモロビジネスカード&schedoniレザーカードホルダーセット
  • ルカ・モンテゼーモロビジネスカード&schedoniレザーカードホルダーセット
  • ルカ・モンテゼーモロビジネスカード&schedoniレザーカードホルダーセット
  • ルカ・モンテゼーモロビジネスカード&schedoniレザーカードホルダーセット
  • ルカ・モンテゼーモロビジネスカード&schedoniレザーカードホルダーセット
  • ルカ・モンテゼーモロビジネスカード&schedoniレザーカードホルダーセット

■ 跳ね馬を率いたあの男

 Luca Cordero Lanza marchese di Montezemolo--1970年代、20代の若さでScuderia Ferrariを率いNiki Laudaとともにワールドチャンピオンに輝いた後、FIAT関連会社での活躍の後、再びマラネッロに。1992年の社長就任以来、Scuderia Ferrariを再び頂点に押し上げるために数々の改革を行ったことは今も記憶に新しいはずです。

 長らく続いたScuderiaの低迷から脱し、シューマッハとともに築き上げたまさに黄金時代、もちろん市販車部門においても品質改善他様々な改革によりFerrariの名をさらに不動のものにした彼はその風貌もあいまってイタリアのカリスマ的存在として知られています。

 今回ご紹介するのはそんな彼のFerrari時代のメモリアルアイテムです。渋い飴色のレザー製品といえば、すぐに思い浮かぶschedoniレザー。Ferrariと縁の深いモデナの老舗です。そのschedoniが手がけたカードホルダーとともに姿を見せる1枚のビジネスカード!

 Ferrariの象徴、カヴァリーノ・ランパンテとともにそこに記された名こそ今回の主人公、「Luca Cordero di Montezemolo」です。Presidente、そしてAmministratore Delegato、もちろんFerrariの最高責任者である彼の名刺に他なりません。Ferrari黄金の一時代を築いた現代のカリスマ、モンテゼーモロのビジネスカード、Ferrariマニア垂涎の超絶レア・アイテムです。

■ トリノの名門、120年のカタチ

 FIAT純正500のデビュー以来、そのキーカバーには様々なヴァリエーションが登場してきました。 さて、今回ご紹介するこちら、中でもとびっきりのメモリアルな逸品。ブラック&ホワイトというツートンカラーの本体にFIAT、そして120THのロゴがクッキリと記されたもの。

 歴代ヴァリエーションの中にあって比較的シンプルなデザインではありますが、ここにかかげられたこのロゴこそがこのキーカバーのキモです。そうです、2019年はFIAT創立120周年というメモリアルイヤー。

 その記念モデルとして本国イタリアでは500、500L、500Xにそれぞれ120周年限定仕様が登場しています。そのボディカラーに採用されているのがこのホワイト&ブラックのビコローレ仕様なんです。FIATを愛する皆さんなら決して見逃せないリミテッド・エディション、キーカバーコレクションに欠かせない逸品です。

  • FIAT ABARTH 1000 esseesse額装ポスター
  • FIAT ABARTH 1000 esseesse額装ポスター
  • FIAT ABARTH 1000 esseesse額装ポスター
  • FIAT ABARTH 1000 esseesse額装ポスター
  • FIAT ABARTH 1000 esseesse額装ポスター
  • FIAT ABARTH 1000 esseesse額装ポスター

■ 蘇る名車の世界

 ベーシックカーの定番、FIAT 500に振りかけられたスパイスはどんな味?小粒でピリッ!なんて甘い甘い。ABARTHのスパイスはビリビリくるんです。小排気量のマシンで大きなマシンを蹴散らして走る! エンジンルームは開きっぱなし!それがFIAT ABARTH 695 esseesse。もう、モンスターです。

 ABARTHを中心に数々の自動車関連の作品を手掛けるJean-jacques de Galkowskyの手によって、そのかわいらしい姿をさらにかわいらしく魅力的に、そして今にも爆音が聞こえてきそうな迫力とともに描かれたポスターです。

 細部に目を凝らせば、エンジンルームやホイール等のアルミニウムの質感が伝わってくるような迫力。240gという、厚手の上質なペーパーを使用したポスターは、その発色の素晴らしさにも目を奪われます。山椒は小粒で...が好きなあなたのお部屋にもこのABARTHスパイスはいかが!!

イタリア自動車雑貨店セール

再入荷

イタリア自動車雑貨店セール
Independente e differente
BACK TO TOP